写真をクリックするとページが開きます
ミツユビカモメ Black-legged Kittiwake は、小型のカモメでユリカモメよりやや大きく、足は短く、足の色は黒から赤茶の個体まであります。成鳥の嘴は黄緑色で、成長冬羽では後頭部に黒色斑がでます。このモノトーンの黒色斑が私は非常に好きになりました。
冬鳥として、12月〜4月に銚子漁港などで見る事ができます。
飛翔時に耳を澄ましているとごくまれに、『キッ』と一声、また『キッ、キッ、キッ』と連続的に鳴くことがあります。
14.01.20
14.01. 18
14.01. 18
ミツユビカモメの特徴
成鳥冬羽
成鳥夏羽
14.01. 17
14.01.18
第1回冬羽
第2回冬羽
様々なミツユビカモメ
06.06. 06
06.06. 07
06.12. 13
堤防での姿
飛翔する姿
海上の姿
07.09. 30
06.06. 06
北海道 東部沿岸
採 餌
営巣地アラスカ
銚子漁港での観察記録
08.04. 13
08.04. 13
10.01.26
07シーズン銚子
08シーズン銚子
09シーズン銚子
11.09.10
11.09.10
12.11.03
10シーズン銚子
11シーズン銚子
12シーズン銚子
13.08.08
15.11.16
15.11.16
13シーズン銚子
14シーズン銚子
15シーズン銚子
New 16.08.03
16シーズン銚子
ミツユビカモメの色々な姿をお楽しみ下さい
残念ながら亡くなったミツユビカモメ 04.2.21 フールドレポート