撮影・制作  有我 彰通

東京都町田市在住。
 撮影はあくまでアマチュアですが、写真技術者としての経験を生かし、シャープで再現性のいい画像作りを心がけています
 カモメファンになったのは、さいたま市に居た頃、近所の荒川の支流でユリカモメを見ているうちにかもめで有名な銚子漁港に行ってみたくなり、実際行ってみるとあまりにカモメが多いのに驚きを覚えました。
 当初、銚子漁港でユリカモメを撮影していましたが、夕刻のポートタワーの前で漁網の影で休んでいる一羽のミツユビカモメと遭遇しました。
そっと近づいて行っても、飛び立とうとせずに手の届きそうな距離でじっくり眺めていて10分ほどじっと見ているとだんだんミツユビカモメの魅力に惹かれるようになり、今では大ファンになってしまいました。

 最近では、ミツユビカモメ以外にも大型カモメにも注目して観察するようにしていると、段々大型カモメの魅力も少しずつ見えるようになってきました。
まだまだ勉強中ですけれどカナダカモメはかわいらしいし、表情豊かな生き生きした写真と識別しやすい特徴を捉えた鮮明な写真を撮っていきたいと思っています。
撮影システムは観察優先で、観察の中でカモメの細部の写真が撮れるように工夫し
ています。

デジスコシステム 
最近のお気に入りシステム
SWAROVSKI STM-80HD + S120

対物レンズの口径が80mmで長さ335mm、重さは774と同じ1,330gで80口径にしてはコンパクトなスコープです。
このスコープの魅力は25-50倍の新しいワイドタイプのアイピースで、ズームを活かした見やすい観察と今までズームアイピースでは難しかったデジスコ撮影も単焦点レンズのように扱えるのが魅力的なスコープです。
デジスコ機には、Canon S120で自作アダプターと実績の防振シーソーレリーズを使用しています。

拡大
◎ 観察、撮影機材

カメラ:Canon EOS Digital 7D
0

レンズ:EF100-400mmF4.5-5.6LIS、EF70-300mmF4.5-5.6DO IS、EF600mmF4LIS、EF500mmF4.5L
TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2


フィールドスコープ:SWAROVSKI STM-80HD、KOWA TSN-774

デジスコ用カメラ:Canon S120


双眼鏡:KOWA BD42-10 XD、SWAROVSKI 8×20BN、LEICA ULTRAVID 10X32BR

三脚:GITZO GT4542LS(4型4段)、GT1541Tトラベラー、G1228(2型4段)、他

雲台:Kenko KDS2(アルカスイスマウント改造)

カモメの他は何故かインド 
ジャガンナート神
左:兄バララーマ、中:妹スバドラー、右:宇宙の神ジャガンナート(クリシュナ神の化身)

何故かインドに魅せられてインド神話、風習、社会、野良牛やオリッサ州のオリディッシーなどのインド舞踊にも興味を持っています。


ジャガンナート神については、日本ジャガンナート協会

拡大 特大 1600×1100
No.160710-7D-62806 Ratha Yatra in KAWASAKI 2016