655903
ミツユビカモメの掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

残留ミツユビカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2017/07/12(Wed) 10:52 No.2455   
フィールドレポート 17.07.08 をアップしました。

http://mituyubi.com/report18/170708/170708.html

この時期の銚子漁港では繁殖に関係ないウミネコとオオセグロカモメの若少数が港内に残留していますが、今回驚いた事にミツユビカモメを確認出来ました。
例年4月頃にミツユビカモメの頭部が白く夏羽に換羽する個体と黒班が残り夏羽への換羽の様子が見られない個体が見られる2種類のタイプがあるのを感じてどうしてか疑問を感じていました。
今回確認した個体は頭部にやや薄くはなっているものの黒班が残っています。
また、この個体初列雨覆に褐色部がみられ2回または3回の若い個体だとわかります。
換羽に関し一つの答えとして若鳥は頭部が夏になっても白くならないとの答えが得られました。
老鳥についてはまだ疑問が残りますが有意義な鳥見となりました。

ウミネコ黄色A31とA32 投稿者:佐藤孝子 投稿日:2017/03/21(Tue) 05:23 No.2440   
蕪島周辺で見ました。何歳かわかりますか?

Re: ウミネコ黄色A31とA32 - みつゆびかもめ 2017/03/26(Sun) 10:54 No.2441
左足に黄色のカラーリングに右足に環境省の金属足環を装着した個体は青森県八戸市蕪島の繁殖地で装着された個体と思われます。
年齢の確認は生まれた年に装着した金属足環をもとに調査されると思いますが、蕪島独自のカラーリングの個体番号と足環の番号がリンクしているかわかりませんが、足環の調査は山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)で行っており問い合わせ下さい。

http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#ashiwa
足環のついた鳥を見つけたらに報告の方法が説明されています。




引地川で 投稿者:しば 投稿日:2017/02/28(Tue) 21:56 No.2439   
こんばんわ。
今日は小田急の藤沢本町から引地川沿いを河口まで歩きました。
河口から2kmほど上流でこんな光景を見ました。

カイツブリ 投稿者:しば 投稿日:2017/02/07(Tue) 22:41 No.2431   
はじめまして。
境川(町田の中心辺り)でたまにカイツブリを見ます。
昨日もひさしぶりに幼鳥を見ました。


Re: カイツブリ - みつゆびかもめ 2017/02/12(Sun) 10:24 No.2432
しばさん こんにちは!
境川のカイツブリありがとうございます。
昨冬はよく見ていましたが、この冬はまだ見ていないので、
河原を歩く際に気にしてみます。
また銚子に出かけていて返信が遅くなり失礼しました。


Re: カイツブリ - しば 2017/02/14(Tue) 21:33 No.2434
ネットの写真を見て「幼鳥」だと思いましたが、
この時期に孵化数か月の幼鳥というのもどうかと?
冬毛というのもあるそうですが・・・


Re: カイツブリ - みつゆびかもめ 2017/02/15(Wed) 19:51 No.2436
幼鳥の顔は白黒模様となっており写真の個体は全体に淡い色で第1回冬羽と思えます。

Re: カイツブリ - しば 2017/02/23(Thu) 16:49 No.2438
ありがとうございます。
ポカポカ陽気の日に同じ場所で。(^_^)



ウミネコの幼鳥? 投稿者:しば 投稿日:2017/02/14(Tue) 19:38 No.2433   
湘南の腰越漁港にいたカモメですが・・・
実際は何という鳥でしょうか? m(_._)m


Re: ウミネコの幼鳥? - みつゆびかもめ 2017/02/15(Wed) 19:39 No.2435
しばさん こんばんは
識別の問合せに関して
掲示板では識別に関する回答は行っておりません。
お手数をお掛けしますが、自己紹介を添えてメールにてお願いいたします。
ちなみにウミネコ幼鳥ではありません。


Re: ウミネコの幼鳥? - しば 2017/02/17(Fri) 22:00 No.2437
了解です。ありがとうございました。
だいぶ前に山梨県白州のサントリー・バードサンクチュアリー
で初めてバードウォッチングをしまして、楽しかったので、
以来、鳥がいると、ちょっと気になる、じいさんです。(^_-


謹賀新年 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2017/01/01(Sun) 12:43 No.2426   

本年もよろしくお願い申し上げます。



Re: 謹賀新年 - tabata 2017/01/07(Sat) 21:39 No.2427
ご無沙汰してます。
今年もよろしくお願いします。
かわいい写真ですね。
銚子に入ってますか?


Re: 謹賀新年 - みつゆびかもめ 2017/01/07(Sat) 23:02 No.2428
こちらこそご無沙汰しております。
写真のカモメは年末の撮影で銚子漁港のカナダカモメ第3回です。
こちらこそよろしくお願いします。


過眼線のないハクセキレイ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/05/10(Tue) 21:35 No.2075   
フィールドレポート 16.05.08 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160508/160508.html

今回は近所の境川(町田/相模原)の中流域に過眼線の無い白い顔の亜種ホオジロハクセキレイが見られました。
関東地方ではまだ確認例が少ないのか、雑種的な個体が多く確認されていたと思っていましたが、今回の個体は顔が真っ白く綺麗な個体です。
ごく普通の境川で確認出来た事を考えればホオジロハクセキレイは想像以上に西日本から関東地方にも生息域を拡大してきている事が想像できます。
他にも境川で一緒に見られた野鳥や他の生物も掲載しました。



過眼線がないハクセキレイ - みつゆびかもめ 2016/11/18(Fri) 23:09 No.2419

最近あまり見かけなかったけれど冬羽の姿で確認する事が出来ました。
以前も過眼線がない以外はハクセキレイ的でホオジロハクセキレイかどうか疑問を感じていましたが、今回冬羽の姿を見て三列風切が褐色味で羽縁の白い巾が少なくハクセキレイと同様で沖縄や九州地方のホオジロハクセキレイとは異なる事を実感しました。
このような個体が稀に観察されているので、ある程度低い確率で生まれているのではないかと想像しますが、過眼線のないハクセキレイに訂正します。



シロタイミル雑種 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/05/03(Tue) 19:11 No.2074   
フィールドレポート 16.03.26 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160326/160326.html

いつのまにか5月になりシーズンが終わってしまいました。
今回の注目はオレンジ色の眼瞼に背の薄いグレー、初列には白色ムラが多く遠目にはシロセグロの雑種のように見えますが、驚く事にこの個体、足が黄味を帯びています。
黄色い足からシロ×セグロの雑種は考えにくく、シロカモメ×タイミルセグロカモメの交雑種と考えられます。
大型カモメの雑種化もかなり早く進んでいる印象です。

ミツユビカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/03/17(Thu) 22:46 No.1991   
フィールドレポート 16.03.13 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160313/160313.html

今回の銚子は雨や濃霧と天候不順で水揚げも少なくカモメの入れ代わりも少ないベストシーズンのわりに厳しい観察条件でした。
今回目立ったのは前回は見られなかったミツユビカモメが多く入って近くで見る事も出来ました。
悪天候で港内に入ってきたのか、移動前の時期に一時的に多くの個体が集まってきたのか不明ですがうれしいかぎりです。

コカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/03/03(Thu) 21:40 No.1963   
フィールドレポート 16.02.27 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160227/160227.html

今回の銚子は前回のカムリアン1Wを再確認しました。
昨年確認していたコカモメをカモメ仲間のOさんから奥で見かけたとの話を聞き、夕方で薄暗くウミネコやカモメの集団が休む中から見つけるのは困難かと思いましたが奇跡的に懐かしいコカモメを探し出す事が出来ました。
また、2/5と12/26のシロカモメとデカムリンのミスの指摘があり訂正を行いました。
間違いに気がつきましたらこっそりご指摘頂ければ幸いです。

カムリアン/カナダカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/02/23(Tue) 22:32 No.1962   
フィールドレポート 16.02.20 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160220/160220.html

今回の銚子はカムリアンアイスランドカモメとカナダカモメの中間的な個体を確認しました。
第一印象はカムリアンで体色のコントラストが通常のカナダカモメ1Wに比べ高く、特に初列風切の羽縁の白さが目立ちカムリアン的で幸印象です。
しかし全体の体色がが代表的なカムリアンに比べやや濃い目でべたっとした感じはカナダカモメ寄りな印象を感じます。

カムリアンアイスランドカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/02/10(Wed) 22:53 No.1927   
フィールドレポート 16.02.07 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160207/160207.html

今回の銚子は気になっていたご子と到着後すぐに再会し元の綺麗な顔に戻っているのを確認し一安心しました。
翌日には期待のカムリアンアイスランドカモメの通称3号に再会し、昨年よく見たアメリカセグロカモメ4Wも成鳥の姿で再会出来、またオオセグロカモメの白化か換羽異常の興味深い個体と出会うなど幸運な鳥見となりました。

ご子の顔に 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/01/19(Tue) 21:38 No.1911   
フィールドレポート 16.01.09 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/160109/160109.html

今回の銚子は正月休みが終わって例年カモメが少なくなる時期でもあり、友人の銚子観光に付き合いながらカモメ観察を紹介する何でもありの訪問でした。
それでも11月から連続でご子を観察できたのは嬉しい事ですが、ご子の顔に写真の通り嘴基部から目元にかけて怪我の跡だろうか?黒っぽくなっていて、濡れているだけだといいのですが、ちょっと心配な感じです。


2016 謹賀新年 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2016/01/01(Fri) 08:02 No.1664   
あけましておめでとうございます。
フィールドレポート 15.12.27 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/151227/151227.html

銚子漁港の昨年の水揚げは20%減ったものの5年連続で日本一となりましたが、移動時期のカモメを集める効果のあるサンマは3割と大幅に減少したのが今後心配されます。
24日は大巻でのサバの年内最後の水揚げで港内は大賑わいでカモメの数も多く入って来ましたが、日によって増減が激しいこのごろです。
今回の観察ではご子などのお馴染みのカモメ達や半蹼型ウミネコなども観られ、漁港から近くの松林にキバラガラが入り、ついでに漁港に立ち寄るカメラマンが連日多く目立ちました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

夏羽のカナダカモメ通称ご子 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/04/19(Sun) 19:31 No.1632   
フィールドレポート 15.04.12 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150412/150412.html

今回の銚子は既に移動末期の4月になっていてカモメの数や種類はあまり期待できない時期になりましたが、今シーズンよく観察していた干潟好きのカナダカモメADやアメリカ4Wやカナダカモメの通称ご子は夏羽の姿で見られました。
さすがに今回が最後でしょうから、また来シーズン無事に戻ってくるのを楽しみに待っています。


冬羽のカナダカモメ通称ご子 - みつゆびかもめ 2015/12/28(Mon) 19:27 No.1661
遅くなりましたがフィールドレポート 15.11.22 をアップしました。

http://mituyubi.com/report16/151122/151122.html

偶然にも前回に夏羽の姿を観察し、シーズン始めの今回ご子の冬羽になった姿をいち早く観察できたのは嬉しいかぎりです。
初列風切の旧羽は脱落しP10,P9が伸長中で短く見えます。



コカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/04/01(Wed) 21:58 No.1631   
フィールドレポート 15.03.28 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150328/150328.html

今回の銚子は3月も末になり干潟の側で越冬していたウミネコは移動した後で、犬吠崎周辺ではツバメの姿が見られるようになってきました。
天候が安定し水揚げが増えてきましたが時期遅しで、沖から船についてくるカモメは僅かです。
干潟でもカモメは少ない状態でしたが幸運にもコカモメと紹介されていた個体だと助言を貰いました。
頭部の班がソフトな感じで初列が長く見えました。

ウミネコ白変個体 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/03/18(Wed) 22:57 No.1626   
フィールドレポート 15.03.14 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150314/150314.html

今回の銚子は3月上旬のカモメ観察で一番良い時期ですが3月になり大型巻き網船の水揚げがほとんど無く、今回は経験した事が無いカモメの少なさに驚きました。
観察条件が悪い中で移動中のウミネコ白変個体や半蹼型ウミネコを確認できたのが幸運でした。
07年には三重と銚子で同様の白変個体の確認がありましたが、これだけ目立つ個体ですので他での目撃情報がありましたらお願いします。

カムリアンアイスランドカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/02/28(Sat) 23:36 No.1614   
フィールドレポート 15.02.25 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150225/150225.html

今回の銚子は強風と時化のせいかミツユビカモメがふだんより多く見られました。
特にカムリアンアイスランドカモメが現れたのが感動的でした。
海外サイトのカムリと比べればまだカナダ寄りですが、体色や初列パターンはカナダだとかえって違和感があるように思え、今回カムリアンにしてみました。


Re: カムリアンアイスランドカモ... - Ujimichi 2015/03/03(Tue) 09:25 No.1617
これはやはり3号だと思いますが、飛び立ちの画像を見ると、
確かに白色部が増えてほぼkumlieniの範囲内に入っているように見えます。
4年目の頃はイマイチかなと思ったのですが、この辺は継続観察ならではの面白さですね!
http://birdingnewfoundland.blogspot.jp/2009/12/kumliens-gulls-of-stjohns.html
このブログ↑で「dark winged presumed Kumliens Gulls」としてUPされているものと比べても全く遜色ないパターンのように思います。


Re: カムリアンアイスランドカモ... - みつゆびかもめ 2015/03/03(Tue) 21:36 No.1618
Ujimichiさん こんばんは!  コメントありがとうございます。
リンクサイト確認しました。あの個体より今回の個体の方がカムリ的で、あの個体だとP9のパターンから私はカムリにするかは凄く悩みそうです。

カナダカモメの初列パターンの自分なりの区分けの参考ですが、
A個体:カナダカモメ 通称ご子
B個体:カナダカモメ 干潟のいつもの
C個体:今回のカムリアン

A:黒6〜5枚、P10の先端に黒班が入る、P9は白班とグレータングにはっきりした境目がある。
B:黒5〜6枚、P10のミラーは先端まで達する、P9の白班とグレータングは境目がぼやけてくる
C:黒5枚、P10のミラーは先端まで達する、P9の白班とクレータングの境目はなく連続的

初列パターンだけで判断する場合、ABはカナダカモメでBはカムリ寄りの中間個体、Cの場合はカムリアンと判断しています。
現時点で私的にはB〜Cあたりにカムリアンとの境目があるんじゃないかとも思いますが、初列パターン以外にも体型、グレーの濃さなど総合的に判断する必要があると思えます。

連続的な継続観察をしたいと思いながら、今シーズンのように増減(特に減)が激しく観察しにくい環境だと難しさを実感しています。



Re: カムリアンアイスランドカモ... - Ujimichi 2015/03/04(Wed) 21:25 No.1619
返信ありがとうございます。
まず拝読して、「あの個体」が何を指しているのかわからず「???」となってしまったんですが、
09年に1wで見つかったあの「3号」のことでしょうか?
画像を拝見すると、「今回の個体」=「3号」で私は間違いないように思います。
2012年に4wで観察した時には確かにカナダとの中間と言えるパターンでしたが、
年齢からしてまだ暗色部が減退する可能性は残っていると考えていました。
そんなことから今回の画像は特に興味深く拝見した次第です。


Re: カムリアンアイスランドカモ... - みつゆびかもめ 2015/03/04(Wed) 22:22 No.1620
こんばんは!
説明が悪かったようで「あの個体」はリンクサイトの「dark winged presumed Kumliens Gulls」と紹介頂いた個体で、初列P9が写真のB個体に似たパターンかなと感じて、ここまでカムリアンに入れてもいいのかなと思った次第で、この個体と今回の個体と比べれば Ujimichi さんの全く遜色ないパターンが納得できます。


Re: カムリアンアイスランドカモ... - Ujimichi 2015/03/05(Thu) 05:59 No.1621
そういうことでしたか。
http://1.bp.blogspot.com/_YzWJFsWXdD0/SysCtA-3LvI/AAAAAAAAABw/pWCerZmNfas/s1600/ICGU(blog).5wingspread.jpg
↑この個体のP9の内弁に注目されていたわけですね。
この個体は確かにP9内弁の暗色部が広く明瞭ですが、
逆に外弁に関しては今回の3号よりミラーの白色部が少し広いようです。
ただP6を見ると暗色の斑紋が3号の方が小さくて2つに割れていますので、
これらを総合すると3号の方が若干kumlieniらしいと言ってもいいパターンかな?と思いました。
なおP9内弁に関しては、Howell&Dunnの"Gulls of North America" でも、
上のリンク先のものと同様の個体がkumlieniの濃い個体として掲載されています(P257 35A.33)。
いずれにしてもできるだけ多くの点を見て、総合的に考える必要がありそうですね。


Re: カムリアンアイスランドカモ... - みつゆびかもめ 2015/03/05(Thu) 19:45 No.1622
P257 35A.33の個体を見てみました。P9に限らず黒色部が透明感が少なく初列全体的にも濃く見えますね。
今回の3号は大変興味深い個体なので、カモメ達が港を離れている事が多く探すのに厳しい状況が続いていますが次回も楽しみに探してみます。


カナダカモメ ありがとうござい... 投稿者:fatbob 投稿日:2015/02/21(Sat) 21:34 No.1612   
初めて投稿させていただきます。
今日は、カナダカモメがいることを教えていただきありがとうございます。添付の個体でOKでしょうか。顔がもやもやしていないので、見逃してしまいました。
まだまだ『カモメ』は初心者です。やはりカモメを探しているとスコープの重要性を感じ、今後は導入しようと考えています。
またお会いできた際はぜひ声を掛けさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。


Re: カナダカモメ ありがとうご... - みつゆびかもめ 2015/02/26(Thu) 20:38 No.1613
fatbobさん はじめまして、
銚子に行っているとネットが使えなくて返信がおくれてしまいました。
写真の個体でいいと思います。
この個体も今回の探鳥レポートに掲載予定ですので、アップしたらご覧下さい。
あまりお話もできませんでしたので、またお声がけ下さい。


アメリカセグロカモメ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/02/15(Sun) 19:52 No.1611   
フィールドレポート 15.02.11 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150211/150211.html

今回の銚子漁港は後半にサバの大漁でカモメの数には恵まれました。
前回にも確認しているアメリカ4Wの眼瞼や初列パターンを幸運にも確認出来、今回は第一印象でコワシ4Wをカムリアンかと思い久々に興奮しましたが、初列短いし初列パターンがワシで残念!
デカムに似た個体を瞬間見ましたがデカムと確認出来ませんでした。一瞬の写真からどう見えるでしょうか?

50万アクセス 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/02/05(Thu) 21:10 No.1610   
この『ミツユビカモメの掲示板』が開設11年で500,000アクセスとなりました。
これまでに皆様方の貴重なコメントや投稿ありがとうございました。
最近では検索サイトの影響も有りトップページやメニューページより10倍位こちらの掲示板のアクセス数が多くなってしまいました。
今後とも当掲示板をよろしくお願い申し上げます。

写真は昨シーズンのミツユビカモメで写真をクリックすると拡大します。

よろしくお願いします 投稿者:mimiko 投稿日:2015/01/12(Mon) 22:32 No.1603   
昨年3月末にいろいろ教えていただきありがとうございました。
11月末から地元カモメを見、こちらの画像を拝見しながら
考え考えしていますが「???」の連続です。
この間の『???カモメ」について、厚かましくも、
また、メールを送らせていただきました。
教えていただけたらありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました - mimiko 2015/01/30(Fri) 20:48 No.1607
どうもありがとうございました。
またこちらのサイトの画像を見ながら、がんばります。
添付は、地元の河口に現れたシロカモメ。
たくさんのカモメたちが、沖で網を引いていた漁船を追って一緒に港に帰ってきます。
第2回?冬羽の嘴からヒモのようにぶら下がっているのは、この頃、たくさん水揚げされているタチウオのしっぽ。
タチウオと言えばするどい歯の持ち主ですが、カモメたちは、ものともせず丸呑みしています。



Re: よろしくお願いします - みつゆびかもめ 2015/01/31(Sat) 19:44 No.1608
mimikoさん こんばんは!
カモメは難しいけど何故か飽きない不思議な魅力がありますね。
タチウオは時間をかけて消化出来そうですが、オオセグロの若がブリを飲み込もうと苦闘している姿を見ましたが、尾がひっかかって飲み込めませんでした。


ハプニング 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/01/28(Wed) 18:39 No.1606   
フィールドレポート 15.01.24 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/150124/150124.html

今回の銚子は14日から大巻の水揚げが無く、正月休みの延長のようなカモメの少ない状態でしたが、前回のアメリカセグロカモメやカナダカモメのご子も見られました。
写真は奥のカナダカモメを撮影していたら、前に邪魔者が現れたと思ったらカナダカモメのツーショットになりました。

ありがとうございました 投稿者:TM 投稿日:2015/01/14(Wed) 05:07 No.1604   
先日はじめて銚子を訪れました.カモメ類に関してまったくの素人のため,種ごと成長段階ごとに多数の写真が載っている貴サイトが非常に参考になりました.ありがとうございました.

Re: ありがとうございました - みつゆびかもめ 2015/01/15(Thu) 22:06 No.1605
サイト制作の励みになります。ありがとうございました。

謹賀新年 投稿者:eve 投稿日:2015/01/03(Sat) 18:45 No.1597   
あけましておめでとうございます。
今日は海へ行ってきました。
大きなカモメがいたので
また撮ってきました。
何カモメでしょうか?


Re: 謹賀新年 - eve 2015/01/03(Sat) 18:46 No.1598
同じ個体です。


Re: 謹賀新年 - eve 2015/01/03(Sat) 18:47 No.1599
等倍機なのでこれ以上大きく出来ないのですが
これも同じ個体です。
今年も宜しくお願い致します<(_ _)>



Re: 謹賀新年 - eve 2015/01/03(Sat) 18:52 No.1600
眼瞼の色が真っ赤で無いのでセグロカモメではないみたい。
オオセグロカモメかアメリカセグロカモメかな?
昨日、同じこの三重の海でアメリカセグロカモメを
撮った方がいまして喜んでいったんですが
どうもわかりません・・・。
オオセグロは眼瞼の色がピンク
セグロカモメは赤
アメリカセグロカモメはオレンジと検索したらありました。
カモメの同定は難しいですね・・・。


Re: 謹賀新年 - みつゆびかもめ 2015/01/04(Sun) 22:56 No.1601
あけましておめでとうございます。
アメリカセグロカモメはグレーが薄いのが特徴ですが、比較写真がないのが残念です。
眼瞼の特徴はeveさんの検索の通りですのでオオセグロという事でしょうか。
眼瞼判定法は年齢が若いと判断出来ませんし、セグロカモメには赤とピンク色の個体も希に見られますが、オオセグロの赤やオレンジは経験ありません。
今年もよろしくお願いします。


Re: 謹賀新年 - eve 2015/01/05(Mon) 21:43 No.1602
ありがとうございました。
1羽だけぽつんと居たので比較が出来なかったです。
また頑張って撮ってきますね^^


初春です 投稿者:yuri 投稿日:2015/01/01(Thu) 20:24 No.1595   
これからも楽しみにしてますよ  百合

Re: 初春です - みつゆびかもめ 2015/01/01(Thu) 22:09 No.1596
あけましておめでとうございます。
いつもご覧頂きありがとうございます。
大変励みになります。
本年もよろしくお願いいたします。


2015謹賀新年 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2015/01/01(Thu) 19:47 No.1594   
あけましておめでとうございます。
フィールドレポート 14.12.24 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/141224/141224.html

昨年末は大巻漁船がやや早い24日が最後の水揚げで、正月休みのカモメの減少もやや早い感じでした。

昨年は当サイトをご覧頂きありがとうございます。
また、フィールドではいろいろとお世話になlりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 有我

ミツユビカモメ初認 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2014/12/10(Wed) 19:48 No.1592   
フィールドレポート 14.12.05 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/141205/141205.html

今回の銚子では、ここではカナダカモメより貴重な存在になっているミツユビカモメをやっと初認することが出来ました。
しかもこの個体かなりかわいらしい第1回です。
また今回は他に銚子では初めてのやっかいな外来種のインドハッカもカモメ仲間のみなさんから教えて頂き確認し感謝です。

カナダカモメ初認 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2014/11/30(Sun) 17:33 No.1591   
フィールドレポート 14.11.22 をアップしました。

http://mituyubi.com/report15/141122/141122.html

更新が無くご心配をおかけし、ちょっと出遅れましたが15年シーズン初めての観察になりました。
23日は銚子水産祭りが行われて、第3市場は年に一度の凄い人出で近づけないくらいでした。
この時期にしてはカモメ達も多く集まっていましたがミツユビカモメが確認出来なかったのが残念ですが、11月の早い時期のカナダカモメを観察する事が出来ました。


コアジサシ 投稿者:みつゆびかもめ 投稿日:2014/05/23(Fri) 20:38 No.1568   
フィールドレポート 14.05.20 をアップしました。

http://mituyubi.com/report14/140520/140520.html

冬場に楽しませてくれたカモメ達が移動して、残っているのは若いウミネコとオオセグロカモメの少数が越夏個体で残っているのみで少々寂しい気もしますが、丁度、移動途中のアジサシや夏の主役のコアジサシのかわいらしい姿が見られました。

写真をクリックすると別画面で大きく拡大します。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -